【治療】銀歯ではなくて、白い詰め物(レジン)で治療してほしい。 - 虫歯 歯周病なら西新宿 都庁前の歯医者

寺前歯科

Q&A

【治療】銀歯ではなくて、白い詰め物(レジン)で治療してほしい。

A.今はレジン(歯と同じ色をした詰め物)の性能がだいぶ向上してきており、昔は銀歯でなくては治療できなかった範囲がレジンで十分治療出来るようになってきました。
また、詰めてある銀歯を白いレジンにやりかえることも出来るようになってきています。
ただし歯を全部を覆っているような大きな冠、銀歯でも歯を覆っている範囲が大きい場合(歯と歯の間にまで虫歯が進んでしまった等)はレジンでは治療出来ません。噛む力に負けてしまいレジンがぼろぼろになってしまったり、隣との歯との接触関係がレジンでは上手く出来ず、食べ物が詰まりやすくなってしまう場合があるからです。
上記のような大きな範囲で白い冠や詰め物を希望される際は、患者様と十分お話しさせていただいた上、セラミック等の自費の治療にて行わせていただいております。
白い詰め物で治療を希望される方は、一度ご相談いただければと思います。

この記事を共有する

虫歯・歯周病・歯痛を解消したい方へ

西新宿,都庁前駅の歯医者

夜20時まで診療 開院30年以上の信頼と実績 都庁前駅より徒歩1分 体験談掲載300件以上 歯医者が通う歯科医院

【自費診療】総入れ歯

金属床のフルデンチャー  30万円~50万円

【自費診療】自分の歯のように噛めるインプラント