【予防】甘いものを食べるとどうして虫歯になるの? - 虫歯 歯周病なら西新宿 都庁前の歯医者

寺前歯科

Q&A

【予防】甘いものを食べるとどうして虫歯になるの?

何も食べていない時の歯の表面は中性ですが、いったん口の中に食べ物や飲み物が入ると口の中の虫歯菌が食べ物の中の炭水化物を栄養素にして酸を作り出します。その酸により歯のミネラルがどんどん溶け出すことを脱灰といいます。甘いものは特にその酸を作りやすく、虫歯の原因になりやすいのです。
脱灰が起こっても唾液の力で歯の表面が再び中性に戻ると失われたミネラルが戻ってくる再石灰化が起こります。しかし間食が多く、1日に3度の食事に加えおやつやジュースを何度も口に入れると再石灰化がなかなか行われず、結果脱灰が進み虫歯になってしまいます。
だらだら食いを避け、規則正しい食習慣を身につけましょう。また、虫歯菌はぶくぶくうがいだけで取り除くことは出来ません。飲食の後には必ず歯磨きをしましょう。

この記事を共有する

虫歯・歯周病・歯痛を解消したい方へ

西新宿,都庁前駅の歯医者

夜20時まで診療 開院30年以上の信頼と実績 都庁前駅より徒歩1分 体験談掲載300件以上 歯医者が通う歯科医院

【自費診療】総入れ歯

金属床のフルデンチャー  30万円~50万円

【自費診療】自分の歯のように噛めるインプラント